Home > 忘れ去りたくないこと

忘れ去りたくないこと Archive

死刑の基準

光市母子殺害事件の差し戻し控訴審で広島高裁が無期懲役判決を破棄して求刑通り死刑を言い渡した。

 

広島高裁の無期懲役を最高裁が差し戻していることから予想通りと言ったところか。

自分は基本的に罪を犯して加害者側が得することがあってはならないと思う。例えば横領や脱税だったら、その金額以上の罰金が必要なんじゃないかと。

しかし、これが致死事件の場合はちょっと難しい。死に至らしめた=死刑となると、現実的に避けようのない事故も死刑になるのか?となる。ようは過失があったのかなかったのかということになるのだろう。

 

年齢も18歳未満は精神的に未熟という慣例があるようで、今回は18歳から30日しかたっていないというのが無期懲役の理由にもなった。そうすると18歳と31日はどうなの?32日は?とキリがない。

それなら終身刑を作れば全て解決するのかと言えば、壁の中にいるか外にいるかの違いだけと思う被害者もいるだろうし、食べるものも買えず餓死する人が出る今の日本では納得いかない人もいるだろう。

 

この事件の一連の裁判はいろいろと考えさせることが多い。被告側のコロコロと変わる主張、18歳と30日というなんとも曖昧な基準などなど。

そういう点も踏まえてこの事件は忘れたくないことカテゴリで。

 

福岡3児死亡事故

福岡市の海の中道大橋であった三児死亡事故で、福岡地裁の川口宰護裁判長は業務上過失致死傷罪を適用した。

 

福岡地裁の判断は飲酒運転そのものは危険ではない、ということ。危険運転を引き起こす恐れがある、くらいか。

確かに刑法第208条の2は『アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、・・・』と始まっているが、蛇行運転や居眠り運転をしていなくても反応速度は遅れるだろう。

飲酒運転による死亡事故を起こした場合は、危険運転致死傷罪として懲役は事故後の救助対応などで判断するべきだと思う。

福岡地裁の判断を含めてこの事故は忘れ去りたくないことカテゴリ行き。

 

罪を憎んで人を憎まず

Yahoo!ニュースに山口県光市母子殺人事件の最高裁判決に関する記事が掲載

最高裁第三小法廷が無期懲役の二審広島高裁判決を破棄し、審理を広島高裁に差し戻した。差し戻し審で死刑を選択する公算が大きいとのこと。
判決を受けて被告の親がテレビのインタビューに応じていたが、その中で『罪を憎んで人を憎まず』という言葉もあると言っていた。
罪を憎んで人を憎まずというのは被害を受けた側が使う言葉であって、加害者が使っていい言葉ではないと思う。
ウィキペディアの記事を見ると被告の弁護士も相当痛い弁護士のようなので、差し戻し審から最高裁とあと5年以上は続くだろう。
とりあえずこの事件は忘れ去りたくないことカテゴリ行き。

やっぱり郵便局?

MSN-Mainichi INTERACTIVEに三宅島帰島の引越運賃に関する記事が掲載

東京都三宅村が引越しプロジェクトで指定する日本通運ヤマトホームコンビニエンスの見積が40万円やら70万円と言われているそうだ。70万円は公的支援の上限きっかりである。
西野園芸今の仕事と風景にある2/1の記事を見ると、小型家庭用冷蔵庫1台を引越しプロジェクトで三宅島に送ると11万円かかるが、ヤマト引越しセンターで八丈島に送ると4,900円で済むという。
どちらも同じクロネコヤマトだが、引越しプロジェクトの連絡先フリーダイヤルである0120-544-933と0120-27-9265をGoogleで検索してもヒットしない。電話をかける先によって料金がかわるようだ。
日本通運とヤマトホームコンビニエンスは忘れ去りたくないことカテゴリ行き。郵政族は郵政民営化反対のネタにするだろう。

奈良市小一女児誘拐殺人事件で、容疑者に事件当日に逮捕状

奈良市小一女児誘拐殺人事件の小林薫容疑者に、事件当日に逮捕状を取っていたことが発覚

殺害当日に大阪府警東住吉署が、大阪市内の別の毎日新聞販売所から新聞購読料を着服したとして、業務上横領容疑で逮捕状を取っていた。
11/17に逮捕状を取り、東住吉の販売所に「ほかの販売所に勤務していないか本社に照会してほしい」と数回依頼したが回答はなく、12/20頃に再度問い合わせた際、所長は所在を知っていたにもかかわらず「知らない」と答えたとのこと。

小林薫容疑者が連れ去ったのは11/17の午後2時頃、時間によっては殺人事件を防ぐことができたのかもしれない。
毎日新聞大阪本社代表室は、「販売所長が警察の問い合わせに小林容疑者の勤め先を告げていなかったのは信じられない思い。批判を厳粛に受け止め、販売所の指導を徹底していきたい」という定型文だ。

三菱自動車の謝罪二日目

今回のテーマは、いま始めていること

ようするに、リコール対象と認めたら、それを隠さずに公表してリコールしますということのようだ。
当たり前のことを当たり前にするのは、簡単なようで難しいのは自分も理解できるが、リコール対象と認めるまでに時間がかかれば何の意味もない。
先週、いま乗っているオデッセイのリコール通知が来た。うちのオデッセイは平成6年式、買ってから8年も経ってからリコールの通知が来ても何をいまさらとしか言いようが無い。

三菱自動車が全国61紙に謝罪広告

WEBにも広告と同じ内容を掲載

今日はこれまでの経緯、明日はこれからの取り組みに対して説明するそうだ。
謝罪をする一方で、当事者は罪を認めていない。どうせ会社には戻れないのだから、認めても何のメリットもないのだろう。三菱自動車から見れば目の上のたんこぶだ。
たまに車でディーラーの前を通るが、休日でも客はいない。車の不良とはいえ、一時的には人殺しの汚名を着せられそうな車を買う人はいないだろう。
あと2年くらいは経営危機となると思うが、日本人特有の過去の忘れやすさと財閥三菱の力で復活するのだろう。

AIGスター生命のCM動画

mov_20040905.mpg

AIGスター生命CMの動画(2.5MB)を入手した。やっぱり押してるよ。
その後の親象が子象を助けるシーンはいいとして、押すのはいかんよ、押すのは。
AIGスター生命は忘れ去りたくないことカテゴリ行きに決定。

次々と燃える三菱車

ここ数週間、三菱または三菱ふそうトラック・バス製の車が燃えたというニュースが多い。

Yahoo!ニュースには大半はユーザの整備不良や改造が原因ではないかという記事も出た。
三菱側は『リコール対象車は燃える』というイメージの火消しに必死のようだが、これまでユーザの整備不良を言い訳にしてきたので、いま言っても信用されないだろう。狼少年だ。

自分も今日、出張で使ったバスは三菱車だった。東名高速を使ったので、ここで燃えたら炎天下に放り出されるのかと不安だった。
電車で行くのもいいが、事務所→外→電車→外→乗り換え→外→電車→外→タクシー→外→出張先と炎天下と冷房ギンギンの繰り返しなので頭が痛くなる。というより自分に温度サイクル試験をして寿命が縮まりそうだ。

女子高生コンクリート詰め殺人事件犯人の一人が逮捕

女子高生コンクリート詰め殺人事件で逮捕された犯人の一人、神作譲(33歳)が監禁、傷害で逮捕

5月19日に足立区花畑の路上で、近くに住む花店店員の知人男性に因縁を付けて監禁し、殴るなどの暴行を加え男性の顔などに10日間の怪我を負わせたとのこと。
さらに取り調べに対して『ちょっとやりすぎた』だそうだ。どうせ過去を考慮してもたいした罪にはならないだろう。これを機会に少年法改正を再検討してもらいたいものだ。
クソガキどもを糾弾するホームページによると、神作譲は女子高生コンクリート詰め殺人事件から改姓したようだ。

Yahoo!ニュースはリンク切れしそうなので、ローカル保存したファイルをリンク

ホーム > 忘れ去りたくないこと

検索
フィード
メタ情報

Return to page top