Home > ハードウェア

ハードウェア Archive

MP945-VX発売は6月中旬?

AKIBA PC Hotline!にAOpen製MP945-VXに関する記事が掲載

ドスパラのショップブランドであるPrimeMiniの新モデルで、Core Duo T2300,512MB DDR2 SO-DIMM,60GB HDDをつけて価格は109,800円で6月中旬に発売とのこと。
ざっくり計算するとMP945-VX単体の価格は4万円〜5万円になりそうだが、ドスパラではMP945-VX単体の販売予定はないそうだ。まあ他の店から出てくるだろう。
やっぱりMac miniがお得に見えてくる。

デジタルビデオカメラ購入

ヨドバシカメラ町田店でソニーのDCR-HC96を買った。

店頭でHDR-HC3とノーマルDVとの映像比較をやっていたが、どうみてもノーマルDVは映りが悪すぎる。直接カメラ、ケーブル、切り替えスイッチなどには触れないようになっているが、何かやっていそうな気がした。
それでもエンジニア魂というか新しいもの好きというか、最新鋭のHDR-HC3が欲しくなったが、カミさんの安い方でいいという一言でDCR-HC96に決定した。
ソニーを選んだ理由は相談に乗ってもらった友達のお勧めだったから。別に友達がソニー信者というわけではなく、ソニーのバッテリは持ちがいいとのこと。
自分もソニー製品で外れを引いたこともないし、デジカメがソニーなのでメモリースティックDUOの使い回しができるのでいいと思った。
しかし増設バッテリが1万円以上するのには驚いた。当分は遊びでしか使わないと思うので、増設バッテリを買うのは見送った。

デジタルビデオカメラ選び

自分で考えた候補はハイビジョン撮影のできるHDR-HC3かHDDカメラのDCR-SR100だ。

理由は画質とお手軽さ。画質を選べばHDR-HC3となり、お手軽さを選ぶとDCR-SR100となる。所謂DVDカメラはHDR-HC3とDCR-SR100の中間に位置するので考えていない。

この2つを詳しい友達に相談したらどちらもダメだしされてしまった。
HDR-HC3は値段が高く、パソコンへの取り込み環境が整っていないので時期尚早とのこと。取り込み環境の問題は自分も気づいていたので、まあ予想通りの反応だ。
DCR-SR100はMPEG録画なので画質が悪いのと、DVDに焼いたあとの寿命が難点とのこと。巷で安売りされているDVD-RWなどは思ったより寿命が短いらしい。

友人のお勧めはノーマルのDVカメラだった。DVDカメラやHDDカメラよりも画質はいいし、長期間保存する子供の成長記録にはテープの方が向いているそうだ。
数年後にはハイビジョン対応のHDDカメラが出てくるだろうし、その頃にはパソコンへの取り込み環境も整っていると思うので、それまでの繋ぎで不人気で安くなったDVカメラを買うのがいいと言っていた。
DVカメラはノーマークだったので、少し調べてみよう。

MP945-VX

MYCOM PC WEBにAOpenのCore Duo対応miniPCとなるMP945-VXに関する記事が掲載

MP915-Bの後継機種で、MP915-Bと同じサイズだがデザインは変更されている。アップルからクレームでも入ったのだろうか?
価格が分からないが、MP915-Bと同等と考えると約4万円だ。これにCore Duo T2300の約3万円、80GB HDD 5400rpmの約12,000円、512MB DDR2 SO-DIMMの約8,000円を足すと約9万円になる。
これなら95,000円のMac miniを買ってBoot Campをインストールする方がお得のような気がする。

Mac炎上

ニャー速。にMac炎上のまとめ記事が掲載

まとめ記事というか、現在進行中でバッテリ付近から炎上したらしい。
アップルのサポートにはリコール情報が掲載されていて、対象のバッテリかどうかは不明。炎上の危険がある場合はユーザー登録している人くらいは案内ハガキが出ると思うのだが。
当人は製品名と社名の使い分けもできないレベルなのか、使い分けができないほど動揺しているのか分からないが、月曜日にアップルに連絡するとのこと。

Core Duo対応Mini-ITXマザーボード

Akiba2GO!にCOMMELL製Core Duo対応Mini-ITXマザーボードに関する記事が掲載

MP915-BのCore Duo対応版が欲しいと書いた途端に記事を見つけてしまった。
まだサンプル版だが、4月の中頃には発売されるそうなので、しばらく待てばAOpenからもCore Duo対応版が出てくるような気がする。
値段は据え置きだといいが、あまりにも差があるようなら安くなったMP915-Bを買うというのもありだ。

NAS導入計画改めホームサーバ導入計画

NASはやめて小型のパソコンを買ってホームサーバにしようと思う。

小型パソコンで株価の自動ダウンロードなどアプリケーションを常駐させることを考えている。
購入を考えている小型パソコンはAOpenのMP915-Bというベアボーンだ。これに2.5インチHDDとCPUを搭載すればいい。
当面はCPUパワーは必要ないが、流行のCore DUOプロセッサを搭載してみたくなるのが心情だ。
MP915-BのCore DUO対応版が出てくれるとすぐに買うのだが、それらしき噂話は聞こえて来ない。
悩む。

FMV-S8215

会社のノートパソコンをLet’snote T2EからFMV-S8215に替えた。

会社の社内システムの多くがスマートカード認証となり、スマートカードリーダーとしてGemplusGemPC Cardを買ったが、Let’snote T2Eではスマートカードを認識しなかった。
メーカー標準でスマートカードリーダーがあるノートパソコンを探したところ、富士通のLIFEBOOKシリーズでサポートしていることが分かった。

FMV-S8215を選んだ理由は重量と画面の広さだ。
これを機会に会社のパソコンをノートパソコン1台にしようと思ったので、画面はSXGA(1,280×1,024ドット)以上、持ち運ぶことを考えると重量は2キロ以下が条件となる。
FMV-S8215はSXGA+(1,400×1,050ドット)でj重量は約1.8キロなので合格圏内だ。理想は1.5キロ以下だったが、社内システムが使えないのでは仕方が無い。
デスクトップパソコンは不要なアプリケーションを削除し、ファイルサーバ化してファイルのバックアップ先にしよう。

NVIDIAの中で生きる3dfxテクノロジ

PC WatchにNVIDIAの90nmプロセスGPUであるGeForce 7900に関する記事が掲載

最も注目なのはSLIから進化したQuad SLIだろう。
SLIと言えば過去に一世を風靡した3dfxのVoodooシリーズを思い出す。シリーズ最後のVoodoo5 6000はQuad SLIとなっており、3dfxは5年以上も前に実現していたことになる。
当時の3dfxが最も優れたテクノロジであったとも思えないが、NVIDIAの吸収されて世から消えた3dfxのテクノロジが生きているようでうれしい。

DS Liteの部品点数

PC WatchにニンテンドーDS Liteのハードウェアレポートが掲載

一瞬、MPUがないと思ったら、主基板裏側の中央にVIAが集中している。どうやらMPUはソケットの下に隠れているようだ。ソケットをヒートシンクの代わりにしているのだろうか?
それにしても部品点数の少なさには驚いた。これなら原価は相当安いはず。競合機と価格合戦をしてもしばらくは利益を確保できそうだ。

ホーム > ハードウェア

検索
フィード
メタ情報

Return to page top