Home > ソフトウェア

ソフトウェア Archive

Sleipnir2バージョン2.10リリース

Sleipnir2のバージョン2.10がリリース

主な変更点はFavorites Editorの使い勝手向上と検索エンジンのカスタマイズだ。検索エンジンのカスタマイズではリクエストで投げる文字列の編集までできるようになった。
これまではリクエストで投げる文字列は固定で、Amazonなどのアフェリエイトを利用していたが、カスタマイズでアフェリエイトを切ることもできる。
てっきりアフェリエイトを主な収入源にするものと考えていたが、他で収入が確保できるようになったのだろうか。

萌え萌えパスワード

窓の杜にパスワード入力を支援する萌え萌えパスワードに関する記事が掲載

入力したキーを予め作成したシードファイルに則って変換するというもの。パスワードとしては最低なPASSと入力してもランダムな文字列に変換するそうだ。
自分が普段使っているパスワードは7個だが、その中でランダム性があるのは2つしかない。残りの5個は自分に関する数字や英単語から結びつくものだ。

パスワードは自分が思い出せるものでないと意味がないので、必然的に自分に関する情報を使うことが多い。生年月日や電話番号がいい例だ。
生年月日をパスワードにするのはパスワードとしては最低な部類に入るが、このソフトウェアを使えば、そこからランダムな文字列に変換してくれる。
これは素晴らしいソフトウェアだ。ただし、シードファイルを無くすと悲惨な状況になる。

Sleipnir2リリース

Sleipnir2が正式にリリース

正式版でようやくお気に入りのエクスポート機能が実装された。自分はお気に入りの整理にInternet Explorerを使うことがあるので、待っていた機能のひとつだった。
すでに職場と自宅で常用ブラウザとなっている。OSを起動し、最初にSleipnirを起動するときに時間がかかるようだが、2回目以降の起動は快適だ。
まだしばらくはSleipnirを使い続けることになるだろう。

中国産セキュリティソフト

キングソフトがキングソフトインターネットセキュリティ2006の国内販売を開始

会社の名前がキングソフトってのがいかにも中国らしい。
OSが起動する前にセキュリティソフトが起動するのは面白いと思う。OS起動時に活動を開始するタイプのウイルスには効果がありそうだ。
人柱勢のインプレッションでは自慢するほど軽くなく、ブラウジングはかなり重いとのこと。ただより高いものはない、というのが結論のようだ。

Sleipnir2β5

Sleipnir2のβ5がリリース

検索バーのデフォルト検索エンジンがSleipnir Searchになってしまった。
Exciteと提携しているので仕方がないが、デフォルトを他の検索エンジンに変更できないのは困った。
Sleipnir Searchはキャッシュ表示ができないのが欠点だ。Googleに変える道を残して欲しい。

Sleipnir2β4

Sleipnir2のβ4がリリース

待望のプロキシ切り替え,終了時キャッシュ削除が追加され、自分にとって実用レベルとなった。
デフォルトのスタートアップURLがhttp://sleipnir.excite.co.jp/となっているのは、お気に入りグループから削除することで対処可能と判明。
今日からSleipnir2に乗り換えよう。

Sleipnir2β3

Sleipnir2のβ3がリリース

β2テスト版からの新機能はなく、あらためてβ3としてリリースしたようだ。
自分が報告したバグも直っているが、終了時にキャッシュやクッキーを削除する機能はまだ実装されていない。
他にはプロキシ切り替え機能もまだ未実装となっている。この機能がないと会社と自宅でプロキシの切り替えが面倒なので常用できる段階ではない。
まだまだ大きな機能が残っており、正式リリースは年末頃になりそうだ。

Sleipnir2がスタートアップURLを強制に

Sleipnir2の最新βテスト版で、起動時にhttp://sleipnir.excite.co.jp/を表示するようになった。

オプションでホームページをabout:blankに設定しても効果はなく、スタートアップURL機能も実装されていないことから、http://sleipnir.excite.co.jp/以外を表示する手段がない。
表示されて困るケースは、職場から起動したときにプロキシサーバがダウンしていると時間がかかるくらいだが、常時起動していない自分は0.1秒でも早く起動したい。
今回の仕様が暫定的なものなのか、広告収入を見据えた恒久仕様となるのか気になるところだ。

Lunascape3β

Lunascape3のβバージョンがリリース

新機能はRSSティッカーの実装と、Internet Explorer用サイドバープラグインの複数同時利用する機能の2点。
メジャーバージョンを上げるほどの内容とは思えず、Sleipnirよりも先に行っていると宣伝したいためだろう。
さっそくインストールしてみたが、起動に15秒近くかかる時点で使う気にはなれない。このブラウザは常時起動が前提らしく、終了時にタスクトレイに格納するか聞いてくる。
また、Internet Explorerのお気に入りをインポートすると、ルートフォルダ直下のお気に入りがリンクバーに登録されてしまうなど、複数のバグがあるのが確認した。

Sleipnir1.67?

Sleipnir1.66を起動したら、新しいバージョンが公開されたというメッセージウインドウが出た。

ソース無くなったんじゃなかったっけ?と、重いながらサイトに行くと、そこにはSleipnir2系への誘導メッセージが掲載されていた。
βテスターを増やしたいのかどうかは知らないが、新しいバージョンが公開されたというメッセージウインドウを表示するのはどうかと思う。『新しいバージョンのβテスト版を公開しています』あたりが妥当だろう。
『この機能があればメインで使える』という要望を受け付けているそうなので、終了時にキャッシュやクッキーを削除する機能と、タブを削除した後にアクセスした順にアクティブにする機能を出しておこう。
ああ、そうか。Sleipnir2系じゃないと収入にならないのか。ここまで書いて気づいた。

ホーム > ソフトウェア

検索
フィード
メタ情報

Return to page top