ハードウェアの最近のブログ記事

家のパソコンを東芝のdynabook Qosmio WXW/77GWに買い替えた。

 

これまで使っていたDELLのInspiron 9300がシステム起動しなくなった。夏から熱暴走することが多くなったのでそろそろ寿命かなと思っていたら拗ねたのかな。

dynabook Qosmio WXW/77GWを選んだ理由は性能と価格のバランス。Core 2 Duo 2.4Ghz、GeForce 9700M GTSを搭載してクーポン価格14.9万円はなかなかだと思う。

GatewayのP-7812jFも考えたけど、アチコチの記事で排熱が弱いと書いてあるのでやめた。

 

dynabook Qosmio WXW/77GWで気に食わないのはキーボード、カードスロット、ACアダプタだ。

キーボードは変換キーとEnterキーが小さく全体的にパタパタ浮いた感じがする。

カードスロットはゲーミングPC Lab.の写真の通りかなり後ろにあり、1段低い位置に引っかかりがあるので何とも開けづらい。

ACアダプタもゲーミングPC Lab.の写真の通り巨大。最初に見た時にはACアダプタとは思わなかったくらい巨大だ。

 

それ以外は優秀。特に排熱には余裕があるようでファンの音はほとんど気にならない。

CPUとGPUの性能もいまの使い方であれば十分かな。このさき気になる3Dゲームが出てくれば印象も変わるとは思うけど。

 

日産自動車が飲酒運転の根絶に向けて飲酒運転防止コンセプトカーを開発

1. シフトレバーに組み込んだアルコール臭気センサーにより、シフトレバーに触れた手の平の汗に含まれるアルコールを検出する。アルコールが検知された場合、音声とカーナビ画面への表示によってドライバーへ警報し、同時にシフトロックする。
2. シート周辺に配置したアルコール臭気センサーにより、アルコール臭気を検知する。アルコールが検知された場合、音声とカーナビ画面への表示によって、ドライバーへ警報する。

正直、そこまでするのはどんなもんかな?と思う。
飲酒運転を擁護するわけじゃないけど、緊急時のことを考えるとちょっとやりすぎのような気がする。

・ゴルフやバーベキューに行き、ドライバーは帰りの運転があるので酒は飲まないが、他の人は全員飲んだ。
・その帰り道、電車の踏切を渡っている最中に運転手が持病か何かで気を失ってしまった。
・電車は迫ってくるが、他の人が代わりに車を動かそうとしてもアルコールが検知されてシフトロックされてしまった。

てなことにはならないのかな?
できすぎたシチュエーションと言えるのかも知れないし、法律的にはそれでも飲酒運転はダメなんだろうけど。
それでも緊急時のことを考えて、一番遅いギアで数十メートルは動くくらいにした方がいいと思う。

三洋のエナクルSSをカミさん用に買った。

流行のリチウムイオン電池じゃないが、カミさんの生活パターンから見れば十分な走行距離だ。
走行中に充電もできるし、何より価格が安いのは嬉しい。

そのまま店からお持ち帰りできたので、さっそく自宅で試乗してみた。
いつもの感覚でペダルを踏み込むとモーターが作動して急発進してしまった。立ちこぎはせず、座ったままでちょっと踏み込むくらいがちょうどいいみたいだ。
立ちこぎなんてまずしないカミさんにはちょうどいいかも知れないが、男には向かない代物かも知れない。

カラダスキャン

| コメント(0) | トラックバック(0)

オムロンのカラダスキャンHBF-362を買った。

今年はダイエット強化年にしたので体重計も新調した。ていうか、これまで使っていた体重計は体脂肪率が測れなかった。
家に帰って早速年齢,性別,年齢を入力して測定してみた。

・体重82.7Kg
・体脂肪率24.2%
・体年齢47歳
・内臓脂肪レベル11

体年齢47歳かよ。内臓脂肪レベルも高いので、最近流行のメタボリックってやつだろうか。
これでも今年に入ってから4.0Kg以上痩せている。ダイエットを始める前の数値はどうだったんだろうか・・・

BluetoothレシーバーのHNT-UB03を買った。

もう凄い便利。今まで買わなかった自分が恥ずかしいくらい。
W44TにBluetoothに付いていたが、使っていたのは添付のヘッドフォンだけだった。
毎週写真を撮ってUSBケーブルでパソコンに転送していたが、かなり面倒だった。ヨドバシカメラでUSBレシーバーを見つけたので思わず衝動買いしてしまった。
誰かにメールを送る感覚で写真のメニューからBluetooth送信を選んでパソコンを指定するだけ。これだけで送信できてしまう。

最近辞書付きの携帯電話が増えて、次は東芝製じゃなくてもいいかなと思っていたが、これでまた東芝製から離れられなくなってしまった。

ルータ新調

| コメント(0) | トラックバック(0)

バッファローWZR-RS-G54HP/Pを買った。

中古だったので約1万円だった。もう少し安いかと思ったが、バッファローの最新機種でリモートアクセス対応のものがないので、未だに需要が高いらしい。
箱は少し傷があったが、中はきれいなものだった。新古品と書いてあったのでほとんど使っていないまま売ったのかもしれない。

さっそく繋げてみると簡単に繋がったが、ネットワークゲームをしばらくやっていると切断されてしまう。
e-mansionが基本的にローカルIPで、グローバルIPはMACアドレス単位で申請する方式だった。ルータが替わってMACアドレスも替わってしまったので、ローカルIP扱いになってしまったのが原因らしい。
新しいルータでグローバルIPを申請してもいいが、今月末にはBフレッツが開通するので、それまでは前のルータで我慢しよう。

KHR-2HV

| コメント(0) | トラックバック(0)

Robot Watchに近藤科学の新型ホビーロボットKHR-2HVに関する記事が掲載

KHR-1の後継機で店頭価格で9万円以下になるとのこと。KHR-1が13万円前後なので4万円以上安くなる。10万円を切ったことで財布の紐が緩くなる人も多そうだ。
デザインは相変わらず裸状態だが、今後は外装オプションも展開する予定があるそうだ。

AKIBA PC Hotline!にAOpen製MP945-VXに関する記事が掲載

ドスパラのショップブランドであるPrimeMiniの新モデルで、Core Duo T2300,512MB DDR2 SO-DIMM,60GB HDDをつけて価格は109,800円で6月中旬に発売とのこと。
ざっくり計算するとMP945-VX単体の価格は4万円〜5万円になりそうだが、ドスパラではMP945-VX単体の販売予定はないそうだ。まあ他の店から出てくるだろう。
やっぱりMac miniがお得に見えてくる。

ヨドバシカメラ町田店でソニーのDCR-HC96を買った。

店頭でHDR-HC3とノーマルDVとの映像比較をやっていたが、どうみてもノーマルDVは映りが悪すぎる。直接カメラ、ケーブル、切り替えスイッチなどには触れないようになっているが、何かやっていそうな気がした。
それでもエンジニア魂というか新しいもの好きというか、最新鋭のHDR-HC3が欲しくなったが、カミさんの安い方でいいという一言でDCR-HC96に決定した。
ソニーを選んだ理由は相談に乗ってもらった友達のお勧めだったから。別に友達がソニー信者というわけではなく、ソニーのバッテリは持ちがいいとのこと。
自分もソニー製品で外れを引いたこともないし、デジカメがソニーなのでメモリースティックDUOの使い回しができるのでいいと思った。
しかし増設バッテリが1万円以上するのには驚いた。当分は遊びでしか使わないと思うので、増設バッテリを買うのは見送った。

自分で考えた候補はハイビジョン撮影のできるHDR-HC3かHDDカメラのDCR-SR100だ。

理由は画質とお手軽さ。画質を選べばHDR-HC3となり、お手軽さを選ぶとDCR-SR100となる。所謂DVDカメラはHDR-HC3とDCR-SR100の中間に位置するので考えていない。

この2つを詳しい友達に相談したらどちらもダメだしされてしまった。
HDR-HC3は値段が高く、パソコンへの取り込み環境が整っていないので時期尚早とのこと。取り込み環境の問題は自分も気づいていたので、まあ予想通りの反応だ。
DCR-SR100はMPEG録画なので画質が悪いのと、DVDに焼いたあとの寿命が難点とのこと。巷で安売りされているDVD-RWなどは思ったより寿命が短いらしい。

友人のお勧めはノーマルのDVカメラだった。DVDカメラやHDDカメラよりも画質はいいし、長期間保存する子供の成長記録にはテープの方が向いているそうだ。
数年後にはハイビジョン対応のHDDカメラが出てくるだろうし、その頃にはパソコンへの取り込み環境も整っていると思うので、それまでの繋ぎで不人気で安くなったDVカメラを買うのがいいと言っていた。
DVカメラはノーマークだったので、少し調べてみよう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハードウェアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはソフトウェアです。

次のカテゴリは宇宙です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja