Home > グルメ > カンタヴィーノ(cantavino)

カンタヴィーノ(cantavino)

昨日は宮崎台のカンタヴィーノ(cantavino)さんで。

食べログでマップ検索していて偶然見つけた。

 

宮崎台から歩いて徒歩2分くらい。マンションの外階段を上がった2階にあるオステリア。

まずは入店早々にサプライズ。登戸のビストロでフロアを仕切っていたS君が立っていた。

話を聞くとこちらの店が9月に改装するのに合わせて移ってきたそうだ。

S君と初めての出会いは二子玉川のワインバー。そこから登戸で偶然遭遇し、今回2度目の偶然遭遇。

グラスワインの豊富な店を探して行くと、そこにはS君がいる状態。嗜好が合うというか、傍から見ればおっかけ状態。軽い敗北感を味わいながら席に着く。

 

訪問した日は白レバーのペースト ブルスケッタ添え、サーモンのマリネ、肉詰めオリーブのフリット、牛スジの赤ワイン煮を頂いた。

サーモンのマリネは肉厚のサーモンが食べ応え十分。薄くスライスしてマリネする店が多いのでこれは珍しい。

肉詰めオリーブのフリットも見たことが無い一品。オリーブは白ワインでも赤ワインでも合うが、これは完全に赤ワイン限定だが普通のオリーブより格段に合う。

牛スジの赤ワイン煮はトロトロに煮込まれていてソースの染みたマッシュポテトと食べるととても美味しかった。

 

ワインはスパークリング、白2種、赤3種を頂いた。白赤ともにイタリアが中心でグラスはショットツヴィーゼル。

白はドイツのゲヴェルツトラミネールが美味しかった。ライチとグレープフルーツの香りと蜂蜜のような甘み。食後のデザートワインにもなりそうな感じだった。

赤は運が良くバローロを頂くことができた。グラスでバローロが飲めるとは思わなかった。

 

グラスワイン数種を次々と頂けるスタイルは二子新地のオステリアVIIIに近い。

オステリアVIIIは通勤ルートから外れていたが、ここ宮崎台は完全に通勤ルート。もちろんカウンター席もあり、これは良い意味で非常にまずい。

 

コメント:1

****** 16-06-25 (土) 10:20
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.hiyori.net/2012/10/%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%8e%ef%bc%88cantavino%ef%bc%89.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
カンタヴィーノ(cantavino) from hiyori.net

Home > グルメ > カンタヴィーノ(cantavino)

検索
フィード
メタ情報

Return to page top