2006年3月アーカイブ

今週の生け花

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20060331.jpg

花の名前はツツジ,レンギョウ,ストック,アイリスとなっていた。
赤い花がツツジ、黄色い花がレンギョウ、白い花がストック、青い花がアイリスだ。
アイリスは形の通りアヤメ科の植物で、睡眠不足から起こる目や体の疲れに効果があるそうだ。
今週は3点。花器が2つなのは気に食わないが、それを入れても見ごたえがある。

テキーラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、飲みに行った。

ロシアンパブというのか、ロシア人の女の子がいる店に連れて行かれた。
最初はおしゃべりしながら飲んでいたが、コインゲームをすることにった。
グラスのふちに水でぬらしてナプキンを貼り付け、その上にコインを乗せる。そして順にナプキンをタバコで燃やし、コインを落とした人がテキーラをイッキするというゲームだ。
テキーラのイッキと言えば、職場の同僚に初めての海外旅行先でテキーラを何杯もイッキして入院したつわものがいる。
テキーラの怖さを知っているせいもあるが、自分はこの手のゲームは得意なので負け知らずだった。取引先の営業さんが負け込んで少しかわいそうだった。

INTERNET WatchにWinnyへの業務情報流出に関する記事が掲載

社員の私有パソコンから営業資料などが流出したとのこと。流出したのは打ち合わせメモや自己目標設定表などで、顧客リストは含まれていないそうだ。
問題はセキュリティーソフト会社の社員でさえ私有パソコンにウイルス対策ソフトをインストールしていなかったということ。シマンテックなどは腹を抱えて笑っていそうだが、明日は我が身と思った方がいい。

シエンタのバッテリーがあがりそうだ。

寒い日の朝にエンジンをかけようとするとセルがかろうじて回っている。シエンタを買ってまだ1年半しか経っていない。
最近のエンジンは燃費を良くするためにアイドリングの回転数が低めに設定されているというが、シエンタはオルタネーターも小型か、充電開始の設定回転が高いのかも知れない。
ちょうど点検の案内が来ているので、バッテリーがあがりそうだと文句を言ってみよう。

INTERNET Watchにシマンテックのキンタマウイルス駆除ツールに関する記事が掲載

Antinny、Trojan.Sientok、Trojan.Exponnyなどに対応し、ハードディスク内を検索してAntinny本体と関連ファイル、追加されたレジストリを削除するそうだ。
評価すべきなのはこのツールを無償で公開したこと。キンタマウイルスによる情報流出の原因のひとつはウイルス駆除ソフトをインストールしていないことだ。
いまさら無償公開しても遅いという意見もありそうだが、非難の矛先が変わらぬ前に手をうったということなのだろう。

INTERNET WatchにWinnyへの業務情報流出に関する記事が掲載

法人顧客サポート業務を委託しているネオ・コミュニケーションズ・オムニメディア社員の私有パソコンから業務情報が流出したとのこと。
Yahoo!ショッピングに出店している企業情報、ヤフーの従業員情報、ネオ・コミュニケーションズ・オムニメディアが流出したそうだ。
業務情報の持ち出しを禁止する社内規定を制定し、情報管理研修を実施していたそうだが、結果的には単なる作業で効果はなかったことになる。

Akiba2GO!にCOMMELL製Core Duo対応Mini-ITXマザーボードに関する記事が掲載

MP915-BのCore Duo対応版が欲しいと書いた途端に記事を見つけてしまった。
まだサンプル版だが、4月の中頃には発売されるそうなので、しばらく待てばAOpenからもCore Duo対応版が出てくるような気がする。
値段は据え置きだといいが、あまりにも差があるようなら安くなったMP915-Bを買うというのもありだ。

今週の生け花

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20060322.jpg

花の名前はサンシュウ,アンスリウム,谷ワタリとなっていた。
黄色い小さな花がサンシュウ、赤い花がアンスリウム、細い葉が谷ワタリだ。
サンシュウはミズキ科の植物で、花の咲いている期間が長く、いずれは赤い実をつけるそうだ。
今週は3点。サンシュウは好きだが、アンスリウムはちょっと毒々しい。

WBC日本優勝

| コメント(0) | トラックバック(0)

1点差になったときは逆転されるのではないかと思った。

エラーがエラーを呼ぶというか、世界大会の決勝戦だけに緊張感も相当なのだろう。
日本が優勝して真っ先に騒ぐのは韓国だろう。真の優勝は韓国とか言い出すのが目に浮かぶ。
騒ぎ出すのなら、まずキューバに買ってからにして欲しいものだ。

NASはやめて小型のパソコンを買ってホームサーバにしようと思う。

小型パソコンで株価の自動ダウンロードなどアプリケーションを常駐させることを考えている。
購入を考えている小型パソコンはAOpenのMP915-Bというベアボーンだ。これに2.5インチHDDとCPUを搭載すればいい。
当面はCPUパワーは必要ないが、流行のCore DUOプロセッサを搭載してみたくなるのが心情だ。
MP915-BのCore DUO対応版が出てくれるとすぐに買うのだが、それらしき噂話は聞こえて来ない。
悩む。

INTERNET WatchにWinnyの新型の木馬型ウイルスに関する記事が掲載

正式名称はTrojan.Exponnyで、感染するとローカルドライブをWinnyネットワークに公開するよう改竄されるとのこと。
キンタマウイルスのようにファイルを圧縮して公開しないが、検索し易いようにトリップ名にViruserが設定されるようだ。
特定ファイルから全ファイルと次第に悪質化しているが、Winny以外のP2Pアプリケーションを狙ったウイルスが出てこないのが不思議だ。

アメリカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は英会話のメンバーと飲みに行った。

自分以外はアメリカでの勤務を経験しているか、アメリカに住んだことがある。
最初の1ヶ月はコミュニケーションが取れず、食事もろくにできないという辛い生活になるそうだが、それを超えると日本に帰りたくなくなるらしい。
みんな常に海外出張の機会を伺っていて、海外出張の多い部署へ異動する人もいた。
自分もそろそろアメリカ出張に行ってみたいと思っているが、もっと積極的に行動しないとダメらしい。

ウィルコムDDが来た。

おなじみのウィルコムの白い箱を開けると、中に黒い内箱が入っていた。デザインを意識しているようでちょっとカッコいい。
内箱を開けてDDを出してみると、コンパクトフラッシュくらいの大きさと思っていたらひとまわり大きかった。
ドライバをインストールしてパソコンに繋ぐとすぐに認識した。USBの接続部を折り曲げて固定できるのはいいアイデアだと思う。
パソコンに接続したままマイクとスピーカーで電話ができれば言うことないが、どうやらそれはできないようだ。残念。

ぷららネットワークスがWinnyの通信を完全規制すると発表

ぷららはこれまでもトラフィックの制御を行っていたが、今後は完全に遮断されることになる。
トラフィックの制御をするまでは、上りトラフィックの60%〜80%をP2Pが占めていたそうだ。本来なら十分な通信環境を整備するのがISPの使命だが、印象の悪いアプリケーションであればトラフィックを制御してもいいという考えなのだろう。
トラフィック制御をしてからWinnyユーザーはぷららを離れているはずなので、今回の発表によってユーザー離れはほとんどないと思う。
他のISPはユーザー側の反応を見て追従するか判断するのだろう。

今週の生け花

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20060315.jpg

花の名前はスプレー菊,百合(ソルボンヌ),小手毬となっていた。
薄紫の花がスプレー菊、薄いピンクの花が百合(ソルボンヌ)、白い花がこでまりだ。
小手毬は地味に見えるが、バラ科の植物だ。小手毬というくらいなので、当然大手毬もあって、こちらはアジサイに似ている。
今週は3点。花器が分かれているのは好きではないが、小手毬が気に入った。

情報処理推進機構(IPA)がWinnyによる情報漏洩対策サイトを公開

サイトを見るとキンタマウイルスの仕組みが分かりやすく書かれていて、原因の第一として予算の関係で私有パソコンを仕事に使っていることを挙げているのは評価したい。
予防策はありきたりの事が書かれているだけだが、まとめサイトしては価値があるのではないかと思う。

いずれにしてもWinnyを使う人は意識して使っているため、いくら使うなと言っても効果は期待できない。
パケットやソフトを常時監視するようなアプリケーションのインストールを義務付けても抜け道はあるだろうし、何より情報の流出先はWinnyだけではない。

FMV-S8215

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社のノートパソコンをLet'snote T2EからFMV-S8215に替えた。

会社の社内システムの多くがスマートカード認証となり、スマートカードリーダーとしてGemplusGemPC Cardを買ったが、Let'snote T2Eではスマートカードを認識しなかった。
メーカー標準でスマートカードリーダーがあるノートパソコンを探したところ、富士通のLIFEBOOKシリーズでサポートしていることが分かった。

FMV-S8215を選んだ理由は重量と画面の広さだ。
これを機会に会社のパソコンをノートパソコン1台にしようと思ったので、画面はSXGA(1,280×1,024ドット)以上、持ち運ぶことを考えると重量は2キロ以下が条件となる。
FMV-S8215はSXGA+(1,400×1,050ドット)でj重量は約1.8キロなので合格圏内だ。理想は1.5キロ以下だったが、社内システムが使えないのでは仕方が無い。
デスクトップパソコンは不要なアプリケーションを削除し、ファイルサーバ化してファイルのバックアップ先にしよう。

ウィルコムのDDを注文した。

価格が6,800円と手ごろだったので、遊び感覚で注文してしまった。
SIMカードを差し替えて使うことができるので、バッグの中にでも入れておけば便利そうだが、DDしか使わなくなってしまいそうで怖い。

PC WatchにNVIDIAの90nmプロセスGPUであるGeForce 7900に関する記事が掲載

最も注目なのはSLIから進化したQuad SLIだろう。
SLIと言えば過去に一世を風靡した3dfxのVoodooシリーズを思い出す。シリーズ最後のVoodoo5 6000はQuad SLIとなっており、3dfxは5年以上も前に実現していたことになる。
当時の3dfxが最も優れたテクノロジであったとも思えないが、NVIDIAの吸収されて世から消えた3dfxのテクノロジが生きているようでうれしい。

INTERNET WatchにWinnyへの個人情報流出に関する記事が掲載

福岡県の嘉穂郵便局職員の私有パソコンから簡易保険加入者リストなどの個人情報が流出したとのこと。
流出したのは郵便貯金と簡易保険の集金一覧リスト116名分、簡易保険加入者リスト21名分、郵便局職員57名の簡易保険契約数を記録した個人別営業成績だそうだ。
これらの情報は職員が自宅で作成したそうなので、職場以外で業務をさせるような状態となっていたことが原因のひとつだ。
とはいえ、ネットワークテクノロジの進化によって在宅勤務制度が広まるのは時間の問題だ。こういった情報流出が元で在宅勤務制度の定着が遅れないことを祈る。

INTERNET WatchにWinnyへの個人情報流出に関する記事が掲載

元社員の私有パソコンから社員の個人情報や取引先企業の情報が流出したとのこと。
現社員にWinnyを使用しないよう通知することはほぼ定着しているが、元社員までは思いつかないだろう。
本来なら退職する際にこの手の情報は返却するよう指示が出るはずだが、指示がなかったか指示があっても実質的に効果がなかったことになる。

Yahoo!ニュースに防衛庁が官費でパソコン7万台を支給するという記事が掲載

職場に持ち込んでいる私有パソコンを一掃するために、パソコン約7万台を官費で購入して配布するとのこと。
私有パソコンだからどんなアプリケーションをインストールしても文句を言われる筋合いはない、そして私有パソコンを職場に持ち込まなければならない状態にしている方に問題があるのだから当然の処置だ。

きちんと職場でパソコンを支給すれば意識改革は少しは進むが、今度は自宅で仕事をするために機密情報をUSBメモリなどに移して持ち帰り、自宅の私有パソコンから流出するという不安がある。
USBメモリを規制しても、自宅のメールアカウント宛に添付ファイルで送ったり、フリーのファイルサーバに移したり、機密情報を持ち出す手段はいくらでもある。
いきなり完璧な処置はないので、一歩ずつ進めていくしかなさそうだ。

今週の生け花

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20060308.jpg

花の名前はきぶし,デルフィニウム,アルストロメリアとなっていた。
小さな黄色い花がきぶし、青い花がデルフィニウム、薄い赤い花がアルストロメリアだ。
きぶしはそのままきぶし科の植物で、学名はStachyurus praecoxといい、Stachyurusはギリシア語で尾状に垂れ下がる穂という意味があるそうだ。
今週は2点。ちょっと辛め。きぶしが寂しげだ。

Yahoo!ニュースにTOEICの駆け込み受験に関する記事が掲載

3月の公開テストが現行方式の最後となるようで、慣れた方式でいい点を出しておきたいと思う人が殺到しているとのこと。みんな考えることは同じらしい。
記事を見ると企業が学校が行う団体テストへの新方式適用は来年の4月からになるようなので、自分はあと1年猶予があることが分かった。
あと1年で最終目標の800点は無理だろうな。

2006/1のTOEIC結果

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20060306.jpg

Listening 365(-5)
Reading 215(-90)
Total 580(-95)

やはり前回の高得点はまぐれだったことが分かった。
文法を少し勉強したせいか、ReadingのIncomplete SentencesとError Recognitionに時間をかけてしまい、Comprehensionの時間が少なくなってしまったのも痛かった。
今回を含めて過去5回の平均は598点で、過去3回の平均は592点。平均で600点を割ったのは少しショックだ。

4年間≒500万円

| コメント(0) | トラックバック(0)

荒川静香の報奨金はJOCと日本スケート連盟合わせて500万円となるようだ。

選手に4年間という時間を費やさせて、その結果獲得した金メダルという実績を500万円で買い取れるのだから安いものだ。
フィギュアスケートはコーチ費用などを含めると年間1,000万円以上かかるそうだ。単純計算で4年分だと4,000万円以上はかかることになる。
JOCやスケート連盟からの補助金がいくら出るのか知らないが、あまりにも安すぎる気がする。

花粉症

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から鼻水が止まらない。

目も痒く、全身にだるさもある。どうやら花粉症が来てしまったようだ。ここ数年は酷い状態にならなかったが、今年は酷そうだ。
鼻水や目の痒みで集中できず、薬を飲んでも頭がボーっとして集中できない。何か考え事をしていても、そのうち何について考えていたのかも忘れてしまうのでたちが悪い。
巷ではシーズン前に鼻の感覚器官をレーザーで焼くという治療もあるそうで、費用も数千円と1ヶ月以上苦しい思いをすることを考えれば安いが、効果の出ない人もいるようなので要注意。
来シーズンは試しにレーザー治療やってみるかな。

PC WatchにニンテンドーDS Liteのハードウェアレポートが掲載

一瞬、MPUがないと思ったら、主基板裏側の中央にVIAが集中している。どうやらMPUはソケットの下に隠れているようだ。ソケットをヒートシンクの代わりにしているのだろうか?
それにしても部品点数の少なさには驚いた。これなら原価は相当安いはず。競合機と価格合戦をしてもしばらくは利益を確保できそうだ。

INTERNET WatchにトレンドマイクロのWinny検出ツールに関する記事が掲載

企業向けのウイルスバスターにWinnyを検出・削除するツールを同梱するとのこと。
専用のパターンファイルで検出するそうなので、所謂『p』も検出可能になるのだろうか?
最大の課題は、仕事で使っている私有パソコンにインストールすることを企業が許可するかどうかだ。
いくらなんでも会社のパソコンにインストールしている人は少ないと思う。

INTERNET Watchに防衛庁のWinny対策に関する記事が掲載

職務上使用する私有パソコンにはファイル交換ソフトが削除されていることを確認、秘密情報と不要なデータを削除するとのこと。また、私有パソコンでの秘密情報の取り扱いは全面禁止にするそうだ。
防衛庁はこれらの対策はどこでもやっていることで、なおかつ効果がほとんど無いことは理解しているだろうか?
ファイル交換ソフトが削除されているか上司が毎月確認して報告するという対応になると思うが、数ヶ月たてばおざなりになって口頭確認で終わらせるのが関の山だ。
Winny使っている奴が、『はい、先週Winnyをインストールしました』なんて言うわけがない。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja