2004年8月アーカイブ

iMac G5

| コメント(0) | トラックバック(0)

アップルがiMac G5を発表

スロットローディング式のDVDドライブを内蔵した液晶一体型となった。ビデオチップもGeForce FX 5200 Ultraと実用十分だ。
デザインも秀逸で、これでワイヤレスのキーボードとマウスがあれば文句無しだ。
国内メーカも同じようなパソコンをラインナップに持っているが、アップルのデザインに比べると野暮ったい気がしてしまう。
価格は15万円台から23万円台、店頭価格で12万円台から19万円台といったところだろうか。

オリンピックが閉幕した。

当初、スタジアムの工事が間に合わないという指摘もあったが、インフラ面では無事に終わったと思う。
しかし、最終日の男子マラソンで乱入事件があり、最後の最後でケチがついてしまったような気がする。
体操でも国際体操連盟が自らの採点ミスを棚に上げ、フェアプレーの名の下に金メダル受賞者に返還を要請するなど、運営面ではいまひとつだったのかも知れない。

閉会式では次回北京オリンピックの宣伝映像が流れたが、笑顔が妙にわざとらしく見えたのは自分だけだろうか?
サッカーアジア杯のような事態にならないことだけを祈る。

Xacti C4

| コメント(0) | トラックバック(0)

ビデオカメラを新調したい。あぁ、物欲の2004年。

いまやウォークマンやビデオがHDDの時代というのに、いまさらカセットテープがベースのDVを買う気にはならない。
DVDカムは数社から出ているが、なぜかHDDカムは存在しないし、あったとしても持ち歩く機器にHDDベースというのは不安がある。

いま気になっているのはSANYOのXacti C4で、SDカムというかFLASHカードカムだ。
640×480ドットの30fpsで録画できるため、スペックとしては十分実用に耐えられるレベルだ。
しかし、AV Watchのレビューを見るとあまりいい画質のように思えない。記事の評価は高いので、自分の気のせいだろうか?
ヨドバシカメラにでもいって試し撮りさせて貰おう。

シエンタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

トヨタのシエンタを見に行った。

店頭に試乗車が置いてあったので、まずは車を見せて貰った。
車内の広さはモビリオと大差ないはずだが、モビリオの方が車高が高いぶん広く感じた。車が小さいだけあって3列目のシートはおまけレベル、長距離の移動には耐えられないだろう。
シフトがゲート式なのはいいと思う。いま乗っている車のシフトはストレートだが、間違えてニュートラルまでいってしまうことが多い。

一通り見た後、店内に入って見積を取って貰った。モビリオと同じ条件となるようナビ付き,電動スライドドア付きとした。
見積価格は230万円、最初から値引きが10万円入っていた。乗っている車がホンダ車なので、獲得に積極的なのだろう。
帰り際には店内にある鉢植えの花をプレゼントしてくれた。決定権を握っているのはカミさんと感づいたらしい。
試乗もしたかったが、雨が降っていたし次の予定もあったので次回にした。

PC Watchにエンジン製ヴァーチャルキーボードの記事が掲載

自分はこのヴァーチャルキーボードを展示会で触ったことがある。何時、何の展示会かは忘れてしまった。
会場の隅にひっそりと置いてあり、見物人はほとんどいなかった。説明員に話しかけると嬉しそうに説明してくれた。
試作品のヴァーチャルキーボードも置いてあったが、キーストロークが無いことが、これほど負担になるとは思わなかった。
普段はキーストロークがあることを前提にしてキーを叩いているが、同じ力でタイプするともの凄く疲れる。
近未来的で興味深いキーボードだが、慣れるのには時間がかかりそうだ。

4Gamer.netにEverQuest IIのヨーロッパレポートの記事が掲載

記事によるとEverQuest IIのリリースは2004年末を目標にしているとのこと。Amazonは未だに9/15と言っている。
まだクローズドβテストのステージなので、通常はオープンβテストを経てリリースすることを考えると、年末の方が信憑性が高いと思うし、むしろ来年にずれ込むのではないかと思う。

自分としてもリリースは年末以降の方が都合がいい。
自分はnForceチップセット派だ。アナログ4chをデジタル5.1chに変換できるのはnForceしかない。
しかし、現行のnForce3チップセットはPCI Expressに対応してなく、nForce4になると思われるCK8-04チップセットからの対応となる。
CK8-04チップセットのリリースが年末なので、これに合わせてCPU,マザーボード,ビデオカード,電源を新調しようと思う。

ITmediaモバイルに膨張したゴムカバーの対処法に関する記事が掲載

自分もA5501Tを使っているが、イヤホンと充電口のゴムカバーがプラプラしている。
携帯電話をポケットから出すたびにゴムカバーを付け直すのが儀式となっていたが、あまりに鬱陶しいのでイヤホンのゴムカバーはカッターで切ってしまった。
充電口のゴムカバーもいつ切り落とそうかと悩んでいる。

記事によるとボーダフォン以外は本体の分解無しで交換できるゴムカバーは無償のようだ。
A5501Tの充電口のゴムカバーは分解しないと交換できそうにない。イヤホンのゴムカバーははめ込み式だったが、切り落としてしまった後で交換する気にもならない。
最近では硬質ゴムやプラスチックカバーを使っている携帯電話も多い。プラスチックカバーはポケットやバッグの中で外れたときに壊れてしまうような気がするので、硬質ゴムにして貰いたいと思う。

Suica対Edy

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヨドバシカメラがFeliCaに対応したポイントカードサービスを発表

当面利用できるサービスはポイント残高と有効期限の確認のみだが、将来的には配送状況,修理状況,入荷状況などが確認できるようになるとのこと。
チャージ金額の制限で5万円以上の商品に対する支払には利用できないが、1,000円程度の小額商品の支払は利用させて欲しいと思う。

Suicaに対していまひとつ伸びないEdy、ITmediaモバイルの記事でもJR東日本は自信満々だ。
定期という既に広まっているインフラに電子マネーを載せるのはうまい。さらに2005年度後半にはauと協力してモバイルSuicaのリリースを予定し、抜け目がないように思える。

しかし、Suica最大の欠点は独自規格だ。Edyとは互換がない。
首都圏の私鉄が数年内にSuicaと同レベルのサービスを予定している。利用者から見ればSuica互換が嬉しいが、JRと私鉄の仲の悪さを見ればEdy互換になると考えるのが自然だ。
そうするとJR&au対私鉄&ドコモという構図が浮かんでくるが、私鉄&ドコモが優勢のように思える。

正夢ならず

| コメント(0) | トラックバック(0)

夢を見た。

女子マラソンで坂本直子が金メダル、野口みずきが銅メダルを取るという夢だった。
正夢か?と思ってテレビをつけると野口みずきがテレビでインタビューを受けていた。首にはメダルの紐がかかっている。
もしや?と思ったが、インタビューの様子から金メダルと分かった。土佐礼子が5位、坂本直子が7位なので、野口みずきがメダルを取ったというくらいしか合ってなかった。

なんにしてもシドニーに続いて女子マラソンで金メダルというのは嬉しいことだが、一番喜んでいるのは日本陸連だろう。
高橋尚子を選ばず、誰もメダルを取れなければ責任問題となっただろう。高橋尚子を出していれば金銀独占という人もいるが、それは考えすぎだ。

レスリング,高校野球決勝戦,24時間テレビと、今日はスポーツ観戦三昧だった。

レスリングは決勝戦ではないので様子見と決め、昼間は高校野球の決勝戦を見ながら24時間テレビを見た。
決勝戦は南北海道代表の駒大苫小牧と愛媛代表の済美の一戦。北海道勢初優勝か春夏連覇かという好カードだった。
内容もがっぷり四つというか、ノーガードの殴り合いというか、追いつ追われつの状態だった。追いつくたびにベンチで雄叫びをあげる高校生を見るのも久しぶり。
最後は二死三塁からリードしている駒大苫小牧が済美の3番坂本を敬遠、今大会注目の4番鵜久森をショートフライに打ち取って優勝となった。

高校野球で満足したところでレスリングに移動、全員一回戦を勝ち抜いたことを確認したところで24時間テレビに移動した。
今年の24時間マラソンのランナーは愛のエプロンで活躍中の杉田かおるだ。池中玄太80キロ以来、自分は杉田かおるを気に入っている。
ラスト10キロ前後はかなり苦しそうだったが、最後の1キロは軽快に走っていたので時間調整なんだろうな。
ちなみに今年のサロマ湖100キロウルトラマラソンでは100キロに参加した女性31人全員が13時間以内でゴールしている。

AKIBA PC Hotline!にGeForce 6800 Ultra搭載水冷ビデオカード発売の記事が掲載

GAINWARD製CoolFX PowerPack! Ultra/2600 “Golden Sample”で、価格は約14万円とのこと。
一般的なGeForce 6800 Ultra搭載ビデオカードが約7万円なので、水冷ユニットが7万円ということになる。はっきり言って高すぎる。
また、BFG Technologiesからは水冷ヘッドのみ搭載したGeForce 6800 Ultra OC GPU with Water Blockが発売。こちらの価格は約7万円と許容範囲と言える価格となっている。

自分でヒートシンクを外せる自信のある人はEVERCOOL製オールインワン水冷ユニットのWC-201が約13,000円と安上がりだと思う。
ヒートシンクを外せる自信の無い人はGeForce 6800 Ultra OC GPU with Water Blockと水冷ユニットを買えばよさそうだ。

井上康生敗退

| コメント(0) | トラックバック(0)

井上康生が4回戦で負けてしまった。

英会話の帰り道、クラスメイトと今日は井上康生が金メダルを取る日と盛り上がっていた。
駅のホームで携帯電話でニュースを検索すると、敗退の文字が目に入った。それを見ていたクラスメイトもがっかりした様子。完全に白けてしまった。
谷亮子や北島康介など、他の金メダルを期待されている選手は『もしかしたら・・・』という気もしたが、井上康生だけは金メダルを取れると思っていた。
自分のように金メダル確実という人が大勢いたと思うので、それがプレッシャーとなっていたのだろうか。

今日からBREW版のドラゴンクエスト,ファイナルファンタジーの配信が開始された。

早速職場の後輩がファイナルファンタジーをダウンロードした。何作目なのか分からないが、画質,音質ともまずまずだった。
最大の課題はバッテリの持続時間だろう。2〜3時間も連続して使えばバッテリが切れてしまうような気がする。予備のバッテリを用意するか、充電ケーブルを持ち歩かなければならない。
そろそろ『ゲームのやりすぎでバッテリが切れて電話できませんでした』という言い訳が聞けそうだ。

柔道日本

| コメント(0) | トラックバック(0)

女子70キロ級で上野雅恵が金メダル、男子90キロ級で泉浩が銀メダルを獲得した。

今大会の柔道勢は凄い勢いだ。井上康生の金メダルも間違いないと言われているし、まだメダルの数を増やしてくれそうだ。
他にメダルが期待できるのはマラソン,シンクロナイズドスイミング,ハンマー投げあたりだろうか。ソフトボールは不調のようなので難しそうな気がする。
柔道は決勝戦が夜の11時頃なので、寝る前に観戦するのにちょうど良い時間だ。
HDDレコーダーのCMではアテネは深夜なので見れないようなことを言っていたが、特に問題なく見れている。焦って買った人はかわいそうだ。

SuperFlower

| コメント(0) | トラックバック(0)

SuperFlowerがどんなメーカーか調べてみた。

こういうときは2ちゃんねるが手っ取り早い。12cm以上FAN電源総合スレに行くとテンプレートにリンクと情報があった。静音性はいまひとつで風量重視とのこと。
530WタイプのSF-530T14と480WタイプのSF-480T14のレポートもあり、530Wタイプは高負荷時に低い駆動音が聞こえ、480Wはケースに入れれば全く気にならないレベルとのこと。
実使用では全く問題はなさそうなので、ビデオカードの新調に合わせて買おう。

img_20040816.jpg

数ヶ月ぶりにアクセスログを見ると、たまにYahoo! JAPANからのお客さんが来ていることに気づいた。
リンク元URLを辿ってみると、『ドコモ』,『パケット定額』を検索キーにするとうちのサイトがトップに来ていた。そんな無茶な。
Yahoo! JAPANは今年の5/31から検索エンジンをGoogleからYahoo! Search Technologyに変更しているが、Googleに戻した方がいいと思う。
記念にスクリーンショットは頂いておこう。

連覇

| コメント(0) | トラックバック(0)

谷亮子が二連覇、野村忠宏が三連覇を果たした。

正直、谷亮子はシドニーの時も今回のアテネも金メダルは無理だと思っていた。ごめんなさい。
野村忠宏の強さは圧倒的だった。決勝戦も一本勝ちこそできなかったものの、相手を圧倒していたと言っていいと思う。
昨晩から各局の番組出席が忙しいが、今朝のTBSでの篠原信一との対談が一番面白かった。
篠原が『中国も行けるだろ』と声をかけると、野村が『篠原さんも行くなら行きますよ』と返す。それに対して篠原は『よっしゃ、一緒に行くか。応援に』と切り替えした。大笑い。
篠原ってこんな面白いキャラなのだと初めて知った。知ってて選んだとしたTBSは凄いと思う。

深夜2:40から開会式を見た。

炎の五輪マークスタジアムの外周を炎がグルグルと回るシーンはキレイだった。
ダラダラと入場行進を見ていると、50ヶ国目くらいで日本が登場。真っ白に花びらを散らしたようなスーツはどんなもんだろうか?正直、似合っていないような気がした。
参加者最多のアメリカは1000人を超えるという。数撃ちゃ当たるの理論なんだろうか?
入場行進が終わるまでに軽く1時間以上かかっていた。最初に入場した選手はひたすら待っていなければならないのは苦痛そうだ。

GeForce 6600

| コメント(0) | トラックバック(0)

NVIDIAがGeForce 6600シリーズを発表

MYCOM PCWEBのレポート記事を見ると、GeForce 6800がHSIチップを使ってPCI Express x16に対応しているのに対して、GeForce 6600シリーズはPCI Express x16ネイティブになっている。
GeForce 6800のPCI Express x16モデルのパフォーマンスがいまひとつなのはHSIチップが原因と言われているので、PCI Express x16ネイティブとなり、価格も安いGeForce 6600シリーズの方が人気が出そうだ。

スライドドア

| コメント(0) | トラックバック(0)

車を買い替えることにした。

条件はカミさんが運転できる小さい車,後部スライドドアの2点。候補となるのはトヨタのシエンタラウム,ホンダのモビリオ,日産のリバティあたり。
まず日産のリバティはもうすぐフルモデルチェンジがあるようなので、現行モデルはパス。カッコも好きじゃないし。ラウムは結構好きな車だが、カミさんが車高が高い方がいいというのでパス。シエンタとモビリオの2択となった。

近くにホンダのディーラーがあるので、今日はモビリオの見学と見積を取りに行った。
とりあえずカミさんを運転席に座らせる。ボンネットは見えないが、ライトが見えるので見切りは良いとのこと。車内の広さも満足らしい。
営業さんを呼んで見積を取って貰う。いいかげんナビも欲しいので、オプションでHDDナビも入れて貰う。カミさんは地図が読めないので、文句も無いだろう。
見積結果は240万円。今日のところは値引き,下取りの話はせず、シエンタの見積を取って比べることにする。

MYCOM PC WEBにSuperFlower製14cmファン搭載電源の記事が掲載

530Wタイプでノイズレベルが21dBA以下というのはかなり静かな部類に入るのではないかと思う。480Wタイプなら20dBAを切るのは確実だろう。
ビデオカードを新調するときには電源も新調するつもりなので、有力候補になりそうだ。あとは電源の出力が安定していれば文句は無いが、SuperFlowerというメーカーは聞いたことがない。
ビデオカード選びと同時にSuperFlowerがどんなメーカーか調べることにしよう。

第6回ROBO-ONE

| コメント(0) | トラックバック(0)

PC Watchに第6回ROBO-ONEの記事が掲載

回を重ねるごとに良いデザインのロボットが増えている。特にchroinoはそのまま製品化できるくらいのデザインだ。
さらに気になるのがchroino製作者のWEBサイトにあるneonで、歩行形式が電磁吸着歩行となっている。動画を見るとピタッ、ピタッと足が地面に張り付いている。
恐らく電磁石を利用しているので、吸着歩行ができるのは金属製の地面に限ると思うが、それでも面白いアイデアだと思う。

公式サイトのオンラインハードウェアチェック

自宅のパソコンをチェックしてみると、推奨スペックには届かないものの、要求スペックは全て満たしていた。
ビデオカードはDirectX9対応が必要と聞いていたが、Pixel ShaderとVertex Shaderをサポートして64MB以上のメモリがあればいいようだ。無理にビデオカードを新調しなくて済んだ。
Amazonでは9/15発売予定と書いてあるが、海外サイトなどでは11月発売という情報もある。どちらかと言えば11月の方が信憑性が高い気がする。
それまで種族とクラスを何にするか妄想することにしよう。

アサガオ

| コメント(0) | トラックバック(0)

img_20040808.jpg

久しぶりにウォーキングをした。
これまで履いていた靴は靴底が薄くてウォーキングに向いているとは言えなかったので、思い切って新調した。
新しい靴は必ず靴擦れをおこしてマメができるので、今日は短めに30分程度歩くことにした。
家を出て軽快に歩き出す。ウォーキング用の靴だけあってこれまで履いていた靴より歩き易い。

ジットリ汗をかいて家路に着く間際で、道路沿いの植え込みにアサガオが咲いているのを発見した。
アサガオが咲いているのを見るのも久しぶりだが、こんなにキレイに咲いている朝顔を見るのは何年ぶりだろうか。思わず携帯電話のカメラで撮ってしまった。
家に帰り、撮った写真をパソコンで見るとアサガオの花びらの色が白く飛んでしまっていた。残念。

実家から野菜が送られてきた。

父親は昔から無農薬野菜を作っている。昔は庭で作っていたが、定年後は畑を借りて本格的に作っている。
ダンボールを開けるとたくさんの野菜と一緒にヨーグルトドリンクが入っていた。ヤスダヨーグルトと書いてある。
ためしに飲んでみると、もの凄く濃厚なヨーグルトドリンクだった。ヨーグルトをかき混ぜてペースト状にしたものを少し薄めてような感じだ。これは美味しい。
WEBサイトでは通信販売もやっているが、1本単位では無いのが残念だ。賞味期限が2週間で3本飲みきるのはちょっと難しい。

ITmediaモバイルにF900iCの音楽再生機能に関する記事が掲載

そのまま継承されるのではなく、これまで閉じた状態で操作できるボリューム調整に加え、前後の曲へのスキップが追加された。だらだら聞き流すのではなく、好きな曲を選べるのは嬉しい。
職場の同僚がSO506iCに機種変更をした。その際、ドコモはFelica機能に関する損害は一切負わないとしつこく言われたそうだ。
Felicaを売りにした携帯電話を売りながら、その機能に関する損害は一切負わないというのはどうかと思うが。

国民生活センターが架空請求に関する相談件数が多い上位30業者を公開

第1位のニツトウコーデイアルは日興コーディアル証券のパクリだろうか?
他にも○○サイケンカンリセンターとか、○○サイケンカンリキコウとか、いかにもという名称が連なっている。
検索しても実際には存在しない名称なので、次からは実際に存在する社名や団体名を使ってきそうだ。

自分の家にも1通だけ葉書が来た。作りも幼稚な葉書だったので、あれに引っかかる人はいないと思う。
しかし、最近では突然小額訴訟を起こす業者もいるらしい。京都府警曰く、『心当たりがなくても出頭しろ』とのこと。
小額訴訟は、小額訴訟で争うことを同意しなければ通常訴訟になる。同意せずに通常訴訟にしてしまえば相手も諦めてくれるのではないだろうか。

AmazonでEverQuest IIの予約が開始

発売予定日は9/15とのこと。2005年ではなく、2004年の9/15だそうだ。
5月にβテスターの募集をしたのに9月に発売となると、よほどβの完成度が高いか、前作のように有料βテストと呼ばれるかのいずれかだろう。
ハードウェアの要求スペックがかなり高い。ビデオカードを新調するのは年末まで待とうと思っていたのに、これでいざリリースが遅れたらどうしてくれようか・・・

青トン

| コメント(0) | トラックバック(0)

職場の仲間と飲みに行った。

場所は近くの焼き鳥屋。店内は小さく、常連しか来ないような店だった。
一通り焼き鳥を堪能し、次は焼き鳥以外の料理を頼んでみることにした。壁に貼ってあるお薦めメニューに『青トン』というのがあった。きっと獅子唐だろう。注文した。
青トンがやってきて皿を見るとやはり獅子唐だった。後輩が一口食べると、途端にビールを飲んだ。口でハーハーと息をしている様子を見ると相当辛いらしい。
自分も恐る恐る食べてみる。4〜5回噛んだ途端に口の中が燃え上がった。何度ビールで口を中を冷やしても辛さが収まらない。
結局10分ほどビールで口の中を冷やし続けて、やっと辛さが収まった。胃の中が心配だ。

スクウェア・エニックスがドラゴンクエスト,ファイナルファンタジーのBREW版を発表

対応機種は最新のW21SW21SAW21Kの三機種。この2本のゲームをやりたかったら機種交換しろということらしい。
自分はドラゴンクエストシリーズ,ファイナルファンタジーシリーズともまともにプレイしたことがない。人に言うと結構驚かれる。
これを機会にやってみようかなとも思うが、熱中して電車を乗り過ごしそうな気がして怖い。あと月額525円というのもちょっと高い気がする。

いま住んでるマンションにはWith e ネットジャパンのVDSLサービスが入っているが、Bフレッツに切り替えようと思う。

第一の理由はWith e ネットジャパンの対応の悪さだ。
ネットワークに問題が発生すると、それが平日に昼間でもずっと電話中になる。問い合わせが殺到する時間とは思えないので、恐らく受話器を上げているのだろう。
第二の理由はWith e ネットジャパンにはダイヤルアップ接続サービスがないこと。
屋外からノートパソコンで接続する自分にとってはダイヤルアップ接続が必須で、これまで加入してきたプロバイダとの契約も継続している状態だ。
これまで加入してきたプロバイダはBフレッツマンションタイプも対応しているので、マンションにBフレッツVDSLを通せばプロバイダをひとつに統一できる。

マンションにVDSLを通すためにはMDF室にVDSLモデムを置かなければならず、MDF室の広さによって契約できる業者の数が決まってしまう。
当初はWith e ネットジャパン一社が限界かと思われたが、まだスペースに余裕があることが分かり、理事会での承認もほぼ下りることは確実だ。

このアーカイブについて

このページには、2004年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年7月です。

次のアーカイブは2004年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.27-ja